クレジットカードの申し込みは他社借り入れがあっても大丈夫?

画像クレジットカードの審査では、他社からの借り入れがあるか?を見ます。

 

結果、審査落ちしてしまう場合もあるのが実情です。

 

したがって、大丈夫か?と聞かれると「大丈夫じゃないことがある」と答えることになります。

 

もし借入がある状態で、クレジットカードの発行をしようとしているので、以下を一読してもらえると幸いです。

 

 

申込書に嘘は絶対に書かない!

クレジットカード発行の申込書には、他社からの借入額を記入する欄があります。ここに絶対に嘘を記載しないことです(借入額に限らず虚偽は審査落ちする可能性大です)。

 

借入額が大きい方は「隠したい」という衝動が強いかと思います。その気持ちは理解できるのですが、信用情報を見れば直ぐに嘘だと分かるので正直に記載しておくことです。

 

中には、単純にミスをしてしまったという方も見えると思います。

 

そういった場合でも悪意はないにしろ「借入を把握できていないお金にルーズな人」と判断されてしまいます。

 

このような方に、お金を一時的でも貸したくないですよね。ですので、絶対に嘘や記入ミスはしないようにしましょう。

 

 

発行する前に返済できないか?を熟考

そもそも借入しているものを完済してからクレジットカードの発行ができないのか?を熟考してみましょう。

 

早急にカードが必要でないのであれば、まずは借り入れている額を返済してしまった方が、より確実です。

 

絶対に審査落ちしたくないようなカードであればなおさらですよね。

 

 

心配ならキャッシング枠「0円」で申し込むと良い場合も

クレジットカードの中には、キャッシング枠の希望額を記入することができます。そういった欄があれば「0円」で申し込んでみましょう。

 

要は、キャッシングサービスは利用しないということです。

 

もし必要であれば、審査が通ってカードが発行されてから、改めて申請をしてみるとよいかと思います。

 

審査でお悩みの方へおすすめのACマスターカード!

クレジットカード審査申し込みは他社借り入れがあっても大丈夫?
クレジットカード審査申し込みは他社借り入れがあっても大丈夫?
クレジットカード審査申し込みは他社借り入れがあっても大丈夫?
クレジットカード審査申し込みは他社借り入れがあっても大丈夫?
クレジットカード審査申し込みは他社借り入れがあっても大丈夫?